あらゆる悩みが消えていく。生きるのがラクになる「心の使いかた」10の方法

あらゆる悩みが消えていく。生きるのがラクになる「心の使いかた」10の方法

仕事やプライベートで悩みが尽きず、イライラしたり落ち込んだり感情的になってしまう。許せなかったり、腹を立てたり、悲しくなったり……。そんな負のスパイラルから抜け出せず、辛い思いをしていませんか。もっと生きるのがラクになる「心の使いかた」を身につければ、あらゆる悩みはスーッと消えていきます。今からでも遅くありません。家庭や学校でも教わらなかった、「心の使いかた」をいっしょに学んでいきましょう。 2018年11月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
ヒント
思考法
悩み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
3597
人間関係や仕事のことなど、いつも何かしら悩みを抱えていませんか。物事をネガティブにとらえたり、些細なことに感情的になったりするのは、「心の使いかた」を知らないだけなのです。悩みの元となる問題自体は解決できなくとも、自分自身の心のあり方は変えられます。
出典: www.pexels.com

人間関係や仕事のことなど、いつも何かしら悩みを抱えていませんか。物事をネガティブにとらえたり、些細なことに感情的になったりするのは、「心の使いかた」を知らないだけなのです。悩みの元となる問題自体は解決できなくとも、自分自身の心のあり方は変えられます。

まずは「心のあり方」を見直す

みなさんは「心のあり方」を考えたことがあるでしょうか。「ポジティブであるべき」「プラス思考なのがいい」いろいろな考え方があるでしょう。ポジティブであることに越したことはありませんが、もっと生きるのがラクになる「心のあり方」があります。これを知るだけでも、今までとは物事の見え方や感じ方が変わってくるでしょう。
出典: www.pexels.com

みなさんは「心のあり方」を考えたことがあるでしょうか。「ポジティブであるべき」「プラス思考なのがいい」いろいろな考え方があるでしょう。ポジティブであることに越したことはありませんが、もっと生きるのがラクになる「心のあり方」があります。これを知るだけでも、今までとは物事の見え方や感じ方が変わってくるでしょう。

1.「心はニュートラルが基本」であることを知る

心はポジティブな状態が好ましいと思うがゆえ、「ポジティブ」を追い求め、「ネガティブ」に振り回されている……。それが現実ではないでしょうか。では、快も不快もない状態、つまり「心はニュートラルが基本」だとしたらどうでしょう。何事にもとらわれず、自由で軽やかな心を想像してみてください。今よりもずっとラクになれると思いませんか?
出典: www.pexels.com

心はポジティブな状態が好ましいと思うがゆえ、「ポジティブ」を追い求め、「ネガティブ」に振り回されている……。それが現実ではないでしょうか。では、快も不快もない状態、つまり「心はニュートラルが基本」だとしたらどうでしょう。何事にもとらわれず、自由で軽やかな心を想像してみてください。今よりもずっとラクになれると思いませんか?

2.「快はオマケ」だと心得る

楽しい、うれしい、ハッピー! そんな状態が続くのが理想ですが、現実はそうはいかないものですよね。欲を満たすことに翻弄されたり、ハッピーでない状態に不満を抱いたり……。これでは追い求めるほどに辛くなるというものです。それよりも、人生において「快はオマケ」であると心得るのが賢明です。「ポジティブでいるべき」という考えからも解放されます。
出典: www.pexels.com

楽しい、うれしい、ハッピー! そんな状態が続くのが理想ですが、現実はそうはいかないものですよね。欲を満たすことに翻弄されたり、ハッピーでない状態に不満を抱いたり……。これでは追い求めるほどに辛くなるというものです。それよりも、人生において「快はオマケ」であると心得るのが賢明です。「ポジティブでいるべき」という考えからも解放されます。

3.合理的に考える

ぐるぐると負のスパイラルに陥っているとき、あなたはどんなことを考えているでしょうか。「あの人がこうだから」「わたしは間違ってない」などと、感情的に考えていることに気付くはずです。大切なのは、「合理的に考える」ことです。不平不満を抱え続けても、何もメリットはありません。人生とはそういうものだと割り切り、今どうするのがベストなのかを合理的に考えます。
出典: www.pexels.com

ぐるぐると負のスパイラルに陥っているとき、あなたはどんなことを考えているでしょうか。「あの人がこうだから」「わたしは間違ってない」などと、感情的に考えていることに気付くはずです。大切なのは、「合理的に考える」ことです。不平不満を抱え続けても、何もメリットはありません。人生とはそういうものだと割り切り、今どうするのがベストなのかを合理的に考えます。

自分を苦しめる「心の使いかた」をやめる

あらゆる悩みをなくしていくには、自分を苦しめる「心の使いかた」をやめることです。相手の言葉に傷ついたり、他人と比べて落ち込んだり、目の前の出来事に対してモヤモヤしたり……。どれも自分の外側で起こったことに対する、心の「反応」なのです。この「反応」をしないことが、悩みをなくす「心の使いかた」の要となります。
出典: www.pexels.com

あらゆる悩みをなくしていくには、自分を苦しめる「心の使いかた」をやめることです。相手の言葉に傷ついたり、他人と比べて落ち込んだり、目の前の出来事に対してモヤモヤしたり……。どれも自分の外側で起こったことに対する、心の「反応」なのです。この「反応」をしないことが、悩みをなくす「心の使いかた」の要となります。

4.反応しない

物事に対して感情的になってしまうのはなぜでしょう。それは、「心の使いかた」を知らないがために、「快」か「不快」かの二者択一の反応しかできないから。心の基本は「ニュートラル」であると覚えておくと、「反応しない」という選択肢をもつことができますね。
出典: www.pexels.com

物事に対して感情的になってしまうのはなぜでしょう。それは、「心の使いかた」を知らないがために、「快」か「不快」かの二者択一の反応しかできないから。心の基本は「ニュートラル」であると覚えておくと、「反応しない」という選択肢をもつことができますね。

5.判断しない

わたしたちは無意識のうちに、善し悪しや好き嫌いを判断しています。「あの人のやり方は間違っている」などと判断するのは、「自分は正しい」という思い込みによるものです。あれこれとムダな判断をして心を疲弊させるよりも、「判断しない」という「心の使い方かた」をすれば、心はスッキリと軽くなります。
出典: www.pexels.com

わたしたちは無意識のうちに、善し悪しや好き嫌いを判断しています。「あの人のやり方は間違っている」などと判断するのは、「自分は正しい」という思い込みによるものです。あれこれとムダな判断をして心を疲弊させるよりも、「判断しない」という「心の使い方かた」をすれば、心はスッキリと軽くなります。

6.否定しない

人間関係や仕事のことで、「わたしはなんてダメなんだ」と落ち込んでいませんか。自分を否定的に判断するのは、合理的ではありません。悩んでも答えは出ませんし、自分自身を傷つけ、苦しみを生んでいる状態は、何もメリットがありませんよね。どんな状況でも「否定しない」というスタンスでいることが大切です。
出典: www.pexels.com

人間関係や仕事のことで、「わたしはなんてダメなんだ」と落ち込んでいませんか。自分を否定的に判断するのは、合理的ではありません。悩んでも答えは出ませんし、自分自身を傷つけ、苦しみを生んでいる状態は、何もメリットがありませんよね。どんな状況でも「否定しない」というスタンスでいることが大切です。

7.比べない

見た目や収入など「つい他人と比較してしまう」というのは、よくある悩みです。劣等感を抱いたり、あの人よりはマシだと安心したり……。他人と「比べない」ためには、認められたい気持ちをモチベーションにして、自分が納得できる基準をもつ「心の使いかた」をすることです。
出典: www.pexels.com

見た目や収入など「つい他人と比較してしまう」というのは、よくある悩みです。劣等感を抱いたり、あの人よりはマシだと安心したり……。他人と「比べない」ためには、認められたい気持ちをモチベーションにして、自分が納得できる基準をもつ「心の使いかた」をすることです。

毎日実践したい「心の使いかた」

自分を苦しめる「心の使いかた」をやめるのと同時に、ふだんの生活で実践したい「心の使いかた」をご紹介します。いつでもどこでもできて、心の中でつぶやくだけでもOKの簡単な方法です。「こんなことでいいの?」と思うかもしれませんが、少なくともネガティブな感情が暴走するのを防ぐことはできます。
出典: www.pexels.com

自分を苦しめる「心の使いかた」をやめるのと同時に、ふだんの生活で実践したい「心の使いかた」をご紹介します。いつでもどこでもできて、心の中でつぶやくだけでもOKの簡単な方法です。「こんなことでいいの?」と思うかもしれませんが、少なくともネガティブな感情が暴走するのを防ぐことはできます。

8.いい言葉をとなえる

ネガティブな感情がわいてきたとき、頭の中の言葉もネガティブなものになっています。そんなときは、感情がそれ以上大きくならないように「小さく、小さく」ととなえ、「大丈夫」「なんとかなる」「きっとうまくいく」と繰り返しましょう。「心の使いかた」を変えるには、いい言葉を口癖のように使うことです。
出典: www.pexels.com

ネガティブな感情がわいてきたとき、頭の中の言葉もネガティブなものになっています。そんなときは、感情がそれ以上大きくならないように「小さく、小さく」ととなえ、「大丈夫」「なんとかなる」「きっとうまくいく」と繰り返しましょう。「心の使いかた」を変えるには、いい言葉を口癖のように使うことです。

9.「と言葉」を使う

自分の感情を客観的に見る方法があります。それは、「と言葉」を使うこと。「~と、怒っている」「~と、不満を感じている」というように、他人事のように自らの反応を観察するのです。こうすることで、自分の反応に気付いたり、反応自体を減らしたりできるようになります。
出典: www.pexels.com

自分の感情を客観的に見る方法があります。それは、「と言葉」を使うこと。「~と、怒っている」「~と、不満を感じている」というように、他人事のように自らの反応を観察するのです。こうすることで、自分の反応に気付いたり、反応自体を減らしたりできるようになります。

10.言葉を消す

わたしたちは常に何かを考え、頭の中は言葉でいっぱいです。溢れかえるムダな考えをなくせば、心もスッキリとクリアな状態になれます。そのためには「言葉を消す」ことです。「あの人の言い方はひどすぎる」と考えていたとすれば、「あの人の……は……すぎる」→「……の……は……」→「……」というように、徐々に言葉を消して、沈黙を増やしていきます。
出典: www.pexels.com

わたしたちは常に何かを考え、頭の中は言葉でいっぱいです。溢れかえるムダな考えをなくせば、心もスッキリとクリアな状態になれます。そのためには「言葉を消す」ことです。「あの人の言い方はひどすぎる」と考えていたとすれば、「あの人の……は……すぎる」→「……の……は……」→「……」というように、徐々に言葉を消して、沈黙を増やしていきます。

もっとラクになれる「心の使いかた」をはじめよう

あらゆる悩みが消え、生きるのがラクになる「心の使いかた」をご紹介しました。感情に振り回される古い「心の使いかた」はやめて、もっとラクになれる新しい「心の使いかた」をはじめてみませんか。完璧でなくてもいいのです。毎日少しずつ、実践してみてくださいね。
出典: www.pexels.com

あらゆる悩みが消え、生きるのがラクになる「心の使いかた」をご紹介しました。感情に振り回される古い「心の使いかた」はやめて、もっとラクになれる新しい「心の使いかた」をはじめてみませんか。完璧でなくてもいいのです。毎日少しずつ、実践してみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info, width="100%", height="100%"
icons- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info Googl Play- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info- auto-gate.info